人間と象徴

学生の頃、図書館でたまたま手にとってから、私のバイブルになった本。

『人間と象徴』(カール・G・ユング著 上下巻. 河出書房新社)

私は小さい頃から、良く夢を見る質でした。自分のイマジネーションだけでは、その夢の説明がつかないことを認識してからは、夢を注意深く捉えるようになりました。夢の中で示されたメッセージが、少し先の未来を拓く鍵になった事は、幾度もあります。

この本と出合った時、それまでの私の数々の夢の象徴の意味の認識が変わりました。

それまで誰にも話したことのなかった個人的な感覚の世界を、心理学、民族学の視点を切り口にガイドのように説明してくれた、ありがたい本と言えます。

時折この本に目を通すと、夢の中のメッセージを、現実の中で意味のあるものとして顕在化させる感覚を高めてくれるように感じます。


↓ ↓ 応援よろしくお願いします
  にほんブログ村 コレクションブログ 鉱物・岩石・化石へ 
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 心理カウンセリングへ
にほんブログ村にほんブログ村